Petit Journey 岡倉堂 blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 五味太郎作品展[絵本の時間] 2012.5.29-7.1

<<   作成日時 : 2012/06/10 12:14   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


岡山県立美術館で開催中の

五味太郎作品展へ行ってきました。



きびだんごでおなじみの

ほら

こんな

画像


小皿はこんな

画像



きびだんごをのっけてみました。

画像



ひさびさに食べたきびだんご。


おいしかったデス。







展示内容は


原画がずらりと並べてあり

(パンフレットによると約180点だそうで)





ところどころ

印刷された表紙絵が原画の横に展示されてあり


「おぉー!原画とまるで色が違うではないか!」

というようなオドロキもあり


「こんなに緑や赤やかなり原画と違う色なのに


このように印刷されて市販されて


そのようなことを作者は疑問に思わないのであろうかっ?」


というような

感想を抱きつつ





途中で

作者への創作課程やインタビューなどを盛り込んだビデオ約12分も

上映されていたりして






さらに


絵本コーナー


として


お子ちゃまたちが好きなように座ったり寝そべったりしながら

五味太郎の絵本を満喫できるスペースもあり





きびだんごの廣榮堂の特別協賛ということらしく

『ももたろう』の原画で締め



かと思いきや




五味太郎ANNEXの宣伝があったりと



お帰りの前にはもちろんお買い物♪

五味太郎の絵本も絵はがきも、きびだんごも買えちゃいますー♪




楽しかったですー


と言いたいところだけど(おいおい)








岡山県立美術館。

もうちょっとがんばって欲しいな。



原画は作者のタッチや色のにじみ具合、絵の具の盛り上がり具合


ホワイトでとても丁寧に修正が施されていたり


それはそれは興趣が尽きないものではありますが





ひとつの美術展の展示として考えると


これだけっ?!


みたいな。




ビデオにしても


もっと踏み込んでインタビューできるんじゃないの?


というような。




公立の美術館だからこの程度かなぁ・・・と思わせてなるものか!

というような意欲・・・出そうよ。出しておくれよ。



いったい何人の学芸員やスタッフが携わって


何年何ヶ月の歳月を費やして準備したのかわからないけど


それにしてもの展示内容でこのチケット料金。



県費を注ぎ込むという意識や緊張感が

なんだかね。感じられないね。

(い、言ってしまった





主催に名を連ねている山陽新聞社に宣伝は「おまかせ」ということなのか。

五味太郎展のHPこちら→

シャガール展のHPはこちら→


美術館の周囲にのぼりや垂れ幕が掲げられているでもなく

既設の展示スペースにポスターが一枚貼ってあるだけ。
(だったような)







つぎのシャガール展は期待しとこっと。

(だって五味太郎展とマルクシャガール展のセット券を買っちゃったんだもん)




ちなみに五味太郎展は一般当日券1,000円。

マルクシャガール展は一般当日券1,200円。


セット券は1,600円。

(↑7月1日までローソン・セブンイレブン・サークルK・サンクスなどで

限定1,000枚販売してます)








さんざん悪口書いといてナンですが


五味太郎さんの原画はオススメですわ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ユニークな絵柄の小皿ですね。
使ってみたくなりました。やっぱりキビ団子専用(?)
TonTon
2012/06/10 17:39
こんばんは。 気持ち玉ありがとうございました。五味太郎さんの可愛いお皿いいですね〜。また立ち寄らせてくださいね。
ひぐらし
2012/06/10 20:43
TonTonさん

お皿の絵、男の子がゆうれい装束してるようにも見えてくるんです。ももたろう、が正解ですけどね。

きびだんごもいろんな味が出ていましてね。
黒糖とか海塩とか。(食べたことないですけどね)
seto
2012/06/10 22:12
ひぐらしさん

こんばんは。
さっきもお邪魔しまして(笑)なんだろう、ぐいぐい引き込まれる構成です。不思議な魔力をお持ちですね。

この小皿にお菓子を山盛りにして(笑)ひとりで食べるのがひそかな楽しみだったりします。
seto
2012/06/10 22:19
こんばんは〜
ウンウン、このきびだんごは、よく?買います
何たって、イラストが可愛いから=五味太郎さんだったんですネ…と言っても、お名前、始めて知ったのだけど…紙袋は何処かに取って有る=可愛いから
お皿は、初見です、いいなぁ〜、きびだんごを乗せると尚良い! では。
aokitukiyo
2012/06/10 22:44
aokitukiyoさん

こんばんは^^
わたしも初見だったのです。普段は廣榮堂の岡山本店にしか置いていないと耳元で囁かれて・・・なぜそういう言葉に弱いのか^^;

味見の皿にしては角が舌に刺さりそうだし(苦笑)

自分ひとりのおやつ用に使ってるんです。山盛りでね。
seto
2012/06/10 23:00
ことし玉野市だっけかブログ友さんがきびだんご送ってくれて包や箱が五味太郎さんでしたよん。たまにコレだけなん?って位の展示ありますよね。私は来月名古屋でマリーアントワネット物語展観てきます。
ヒロ
2012/06/11 00:40
ヒロさん

玉野市!瀬戸内海に面した風光明媚なところでございますよ。
名古屋には行ったことないです。みそかつだっけ?美味しいんだとか。
マリーアントワネット、楽しみですね。
seto
2012/06/11 07:32
そうらしいですね。
ブログ友さんも海が近いそうです。
ヒロ
2012/06/11 10:19
ヒロさんその2

海沿いにおしゃれなカフェがたくさんあります。
カフェ、行きたいな。
seto
2012/06/11 14:00
五味太郎さんの絵って、独特で素敵ですよねぇ〜
原画と印刷が違うのって、ビックリです!!
原画の方を見てみたい〜
きびだんごはどんなお味ですか???
あられ
URL
2012/06/12 14:52
あられさん

インクのにじみ具合がいいですよね。
そうなの。原画の方が発色が良いので、印刷技術の問題かしら。もったいないですわ。

きびだんご、どうぞ(^^)_●
鬼退治に連れて行っちゃうぞ♪
seto
2012/06/12 22:27
この展覧会に行ったという知人からのおみやげが
きびだんごだった訳がよ〜く分かりましたわ

我が家もどうしよっかな〜?って思ってたんだけど
う〜ん、setoちゃんのブログでもう満足かな〜。
kazumi
2012/06/13 21:38
kazumiさん

おそくなってごめんなさい!!!
お元気回復してるかな

次のシャガールも同じ規模の展示数らしいけど、期待して行くつもり。
そして悪口をブログに書くーじゃなくて、激励を込めて感想を書くのだー
seto
2012/06/15 21:32
こんにちは♪

絵本の中でも超有名な五味太郎さんの原画、私も見たいです。
最近きび団子をコープさんで買うと、この絵柄なので食べるのが勿体ない、と思っちゃいます。
せっかくの絵が、主催側の残念な展示方法で変わってしまうんですね。
美術館好きなので、わが県も頑張ってほしいと思ってます。
ヌサドゥア
2012/06/16 16:08
ヌサドゥアさん

こんにちは♪

五味太郎さんの原画は見応えあるんです。
展示の仕方も、起承転結を盛り込んで構成してあるんですが、ビデオはおしゃれに作りすぎです。ミュージックビデオみたい。美術館側の好みなのか、五味太郎さんのリクエストなのかわかりませんが、もっとインタビューを長回しして欲しかったです。
悪くはないのですが、もの足らない感じでした。
seto
2012/06/16 16:29
さすがsetoさん♪
setoさんの視点がいろいろで面白いです♪

ももたろうのお皿かわいいですね♪
以前
お土産で、このきびだんごをいただいたことがありました。
おいしかったです♪

モニカ
2012/07/01 13:36
モニカさん

そ、そうですか?照れるなー(←勘違い?)

ももたろうのお皿、ふふふ、いいでしょう?
今の時期なので、さくらんぼをのっけたり(優雅ー)
大根の漬け物をのっけたり(庶民ー)
いろいろ用途ありーですわ。

きびだんご、また食べたくなっちゃった♪
seto
2012/07/01 21:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
五味太郎作品展[絵本の時間] 2012.5.29-7.1 Petit Journey 岡倉堂 blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる