Petit Journey 岡倉堂 blog

アクセスカウンタ

zoom RSS モニカさんの3月新作「ひな祭り」

<<   作成日時 : 2014/03/02 13:22   >>

ナイス ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 10





↑ 画像をクリックすると、岡倉堂のサイトが開きます♪


モニカさんの3月の新作「ひな祭り」です!

モニカさんからのメッセージをご紹介します〜


さて今月もゆきましょう♪
3月は
桃の 節句。。。
(ウヒヂ二、スヒヂ二のニ神(最初に婚姻をした神様です)が、
木の実を庭に植えると3年後の3月3日に花も実も百(モモ、たくさんの意味)に成ったので、
桃(モモ)の花と名付けるようになった、(これが3月3日の節句のひな祭りのはじまり)
二神のお名前もこれに縁づけて
モモヒナキノ神、モモヒナミノ神と申し上げるようになったとの事。
ちなみにイサナキ、イサナミ、の神とあるように
モモヒナ「キ」は男神モモヒナ「ミ」は女神なのだそうです。
そして「ヒナ」とは一人前ではないという意味だそうです。
ほぉ〜〜〜〜〜♪




家にありました本を読みながら
感心しているのでございます。


言霊とは
ほんとうに深い物ですね。



モニカさんのブログはこちら→

そして
モニカさんの『india絵日記』はこちら→





  



神話に詳しいモニカさん、さすがです。


「モモ=桃」

「ヒナ=一人前ではない」


なのですねぇ


わたしもほお〜〜〜でございます。




昨日はそんなヒナなわたしとヒナのヒナである娘とで

ターナー展へ行ってきました。


画像



会場はたいへんな人出でした。


ナポレオンと同時代を生きたターナー。


まだ年若い頃から脚光を浴びて華やかに活躍した時期を経て


晩年は嘲笑や批判にさらされることも多かったというターナーの一生。


茫洋とした晩年の画風にはなんともいえない悲哀の味わいがありました。


2014年4月6日(日)まで神戸市立博物館にて。






  





いつも気持玉ありがとうございます


コメントもありがとうございます


感謝です




   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 82
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

ひな祭り、カラフルで可愛らしいです(*^-^*)
暖かな優しい雰囲気が、ひな祭りにピッタリですね❤
桃の節句の由来、なるほどって感じですよ。
最初に婚姻された神様ですか、いいお話を聞かせて頂きました(*^-^*)
ターナー展へ行かれたのですか、絵画は好きですが、長い間観に行ってませんね。素敵な絵画に触れると心が揺さぶられますよね♡
可愛いヒナちゃんいつかはママを追い越し、大きく成長ですね、ガンバ
だるま
2014/03/02 14:31
だるまさん

ありがとうございます。
モニカさんの大胆なイラストにはいつも驚いてしまいますが今月はひな祭りの由来も興味深い内容でした。
ターナー展では観るひとも監視の方も多くてマナーチェックが厳しかったです。200年ほど前の絵画なのに保存状態は良かったようです。複製画を販売していて私も欲しかったのですが手が出ませんでした。残念。
娘にはマイナスの感情もたくさん経験しつつ心温かい人間に育ってほしいと思っています。どうなることやら、ですが(*^_^*)
seto
2014/03/02 16:28
お早うございます。
ステキなお雛様!目がパッチリですね
ヒナは一人前ではないという
事なんですか、勉強になりました
ターナー、ナポレオンと同時代なん
ですね、素敵な時を過ごされましたね
すーちん
2014/03/03 09:35
すーちんさん

こんばんは。
はい、目がぱっちりで、モニカさん独特の雰囲気ですよね。
ターナーは良い風景の場所を探してヨーロッパ各地を旅したそうです。パトロンにも恵まれていたようです。
わたしも旅がしたいです。
seto
2014/03/03 21:33
ターナー展行かれましたか。
ものの姿が空気に溶け込むような
朦朧とした表現。独特なものですね。
ナポレオンの同時代人とは知りませんでした。
「キ」と「ミ」の男女区別。
確かに今でも「ヒロキ」は男子で、
「ヒロミ」は女子ですね。
yasuhiko
2014/03/04 14:21
モニカさんらしいお雛様ですね〜
癒されます!!
桃の節句の起源のお話も、とっても勉強になります♪
ターナー展があったのですねぇ〜
おふたりで楽しまれましたか?
ナポレオンと同じ時代だったとは知りませんでした
なんとなく幻想的な感じがして惹かれますよねぇ
一度、じっくりみてみたいなぁ〜
あられ
2014/03/04 18:09
yasuhikoさん

のちの印象派に多大な影響を与えたとされる光の描き方や、yasuhikoさんのおっしゃるように朦朧とした表現はターナー独特だと思います。出口の販売ブースで複製画の売約済みシールがぎっしり貼られていましたよ。私も欲しい絵がありましたが・・・。
「ヒロキ」と「ヒロミ」なるほど!知っていたら子どもの名付けが違っていたかもしれません(*^_^*)
seto
2014/03/04 20:57
あられさん

いつもありがとうございます!
モニカさんらしい・・・確かにそうですね、モニカさんらしいおひな様です♪
はい。ターナーは娘の好みとは少し違っていたようです^^;でも実際に使っていた絵の具箱とかスケッチブックなども展示してあって見応えがありました。
あられさんのお近くで開催されたときにはぜひ♪
seto
2014/03/04 21:09
深夜の地震大丈夫ですか?

二階で寝てたんだけど二度目の揺れは少し怖かったです。
揺れも長かったし・・・なお、この地震に気づかず寝ていた旦那と次男が家には居ります^^;
ヒロ
2014/03/14 08:50
ヒロさん

おひさしぶりです♪
驚きました、突然の地震。
神戸の時と同じくらいの強い揺れでした。
飛び起きて本棚を両手で押さえました。
結局なにも倒れず割れず、大事ありませんでした。

気づかなかった?んですか?あらまぁ頼もしい。
震源地から距離ありますもんね。
揺れがおさまったらワタシもまた眠りましたよ^^
seto
2014/03/14 15:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
モニカさんの3月新作「ひな祭り」 Petit Journey 岡倉堂 blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる